NEWS+α|2chまとめサイト

    最新ニュース

    スポーツ

    1: 2017/11/05(日) 19:55:29.07 BE:566475398-2BP(1000)
    マーリンズを“リストラ” イチローは来季メジャー絶望的に

    メジャー最年長野手が事実上の戦力外通告を受けた。

    マーリンズは3日(日本時間4日)、球団に選択権のあるイチロー(44)との来季の契約を
    更新しないと発表。イチローには違約金として50万ドル(約5700万円)が支払われ、
    今後はFAとなってマーリンズを含む全球団との交渉が可能になる。

    マーリンズではCEO(最高経営責任者)に就任した元ヤンキースのデレク・ジーター氏が
    年俸削減(約100億円)の方針を打ち出し、主砲スタントンなどの放出がささやかれている。
    イチローとの契約を更新した場合の年俸は200万ドル(約2億3000万円)。
    今季は主に代打で136試合に出場し、打率2割5分5厘、3本塁打、20打点。
    シーズン代打安打の大リーグ記録にあと1本に迫るなど、少ない出場機会を生かしたが、
    ジーターCEOはこれ以上の上がり目は計算できないと判断したようだ。

    イチローは「50歳まで現役」を公言しているものの、来年の10月に45回目の誕生日を迎える
    ベテランをメジャー契約で迎えるチームは皆無とみられる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13847496/

    3: 2017/11/05(日) 19:56:22.48
    日本で二年ぐらいやってファンサービスしてやれよ

    【イチロー、実質戦力外通告を受け引退の可能性】の続きを読む

    1: 2017/11/05(日) 14:39:32.10 _USER9
     福岡ソフトバンクは5日、松坂大輔投手(37)が今季限りで退団すると発表した。
    在籍3年目の今季は右肩の不調から1、2軍を通じ登板なし。2015年に3年総額12億円(推定)プラス出来高の大型契約で入団したが、1試合の登板に終わった。球団から支配下選手登録を外れた上で、コーチを務めながら復帰を目指すよう打診されたが、辞退したため、退団することが決まった。

     球団を通して松坂は「福岡ソフトバンクホークスの関係者の皆様、ホークスファンの皆様、この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした。できる事なら胸を張ってチームの歓喜の輪の中に入っていたかったです…。最後の瞬間までリハビリに付き添っていただいたスタッフの皆さん、いつも私に真剣に向き合ってくださった工藤監督、コーチ、選手の皆さん、何より温かい声援を送ってくれたファンの皆様の一つ一つの声に私は支えられてきました。いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは1軍のマウンドだと思っています。またいつかグラウンドでファンの皆様、チームメートに再会できる事を信じて前を向き続けていきたいと思います」とコメントした。

    西日本スポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00010016-nishispo-base

    170: 2017/11/05(日) 15:06:47.95
    >>1
    お疲れさん
    ゆっくり休め

    【松坂大輔の退団をソフトバンクが正式発表 松坂「またグラウンドでファンと再開できるように前を向き続けていきたいと思います」】の続きを読む

    1: 2017/11/05(日) 06:28:26.67 _USER9
    日本ハム・中田翔内野手(28)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留する可能性が4日、浮上した。
    昨季は打点王に輝き日本一に貢献したが、今季は4月に右足内転筋の筋挫傷で抹消されるなど、
    打率2割1分6厘、16本塁打、67打点と本来の数字を残せなかった。

    先月9日に全日程が終了した時は「いろいろな話だったりを聞けたらいいかな」と行使に含みを持たせていた。
    その後、複数回残留交渉を重ねダウン提示を受けた。
    しかし、チームも5位と低迷。不本意な成績に終わっただけに栗山監督をもう一度胴上げすることに気持ちが傾いている模様だ。

    また、増井浩俊投手(33)、大野奨太捕手(30)はFA権を行使する可能性が高い。
    増井には水面下で複数の球団が調査。
    大野には中日が獲得に名乗りを上げるとみられる。宮西尚生投手(32)は行使を検討しながらも未定。全選手宣言残留が認められている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000052-sph-base
    11/5(日) 6:23配信

    http://npb.jp/bis/players/61065116.html
    成績

    https://www.youtube.com/watch?v=S8BXGcmWm8k


    北海道日ハムファイターズ 中田 翔 応援歌

    112: 2017/11/05(日) 07:51:30.35
    >>1
    とっとと出てけよ!
    一時期噂になっていた阪神も、今の実績だと見放すもんな~
    こいつがいなくなればファーストが空くので清宮がそこに
    スムースに入れると期待していたのに、がっかりだよ

    【日ハムの中田翔、FAで巨人に行くと噂されるも行使せず残留する可能性が急浮上】の続きを読む

    1: 2017/11/05(日) 11:53:22.17 _USER9
     サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のFWとして活躍した丸山桂里奈さん(34)が、過去に受けたセクハラ被害を告白した。

     丸山さんは5日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」に出演。相次ぐ政治家のセクハラ疑惑報道に関する話題で、自身が被害を受けた経験を尋ねられると「そうですね、ありますね」と明かした。

     「若い時にロッカールームで、『だーれだ?』って後ろから監督にやられたんですよ」と、
    後ろから目隠しをされるジェスチャーを交え「(目隠しの手が)このままスライドして胸に下りてきて……」とその時の状況を再現。「監督だったんで、なんか深刻にはなれなかったですね。『なんですか~?』くらい」と、大事にはせずに受け流したと明かした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00045654-nksports-ent
    丸山桂里奈
    no title

    【なでしこジャパンの元代表・丸山桂里奈、過去に監督からセクハラ被害にあったことを告白】の続きを読む

    ここまでの戦いをソフトバンク相手に見せてくれたんだから戦犯なんておらん。皆よくやってくれた。
    【日本シリーズ2017最終戦の横浜の戦犯に砂田と嶺井が候補に上がる】の続きを読む

    やったーーーーーー!
    優勝!川島がきめた!
    すごい!
    【【速報】日本シリーズ2017、ソフトバンクホークスが11回延長の末勝利、日本一に】の続きを読む

    1: 2017/11/04(土) 05:14:31.98
    no title

    1: 2017/11/04(土) 06:05:37.20 _USER9
    ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が、来季の戦力構想外となり退団することが3日、分かった。
    日本シリーズ終了後にも発表される。
    15年8月に右肩の手術を受け、復帰を期したが、3年契約最終年となる今季は再び、右肩の不調を訴えて1軍登板さえなかった。
    本人は現役続行を強く希望しており、国内球団を中心に移籍先を探すとみられる。

    日本シリーズが佳境を迎える中、松坂が静かにチームを去ることになった。
    関係者によると、3年間でわずか1試合の1軍登板にとどまった松坂に対し、球団は来季戦力構想外とし、本人にも通告を行ったという。

    14年オフに3年総額12億円の大型契約でソフトバンク入りし、9年ぶりの日本球界復帰を果たした。
    だが、右肩の不調に悩まされ、15年8月に右肩内視鏡手術を受けるなど、1軍登板は昨年10月2日の楽天戦での1回5失点のみ。
    昨オフにはプエルトリコのウインターリーグに参加。
    3月25日のオープン戦(対広島)では7回無安打無失点に抑えるなど復活間近を印象づけた。

    開幕ローテーションには漏れたが、4月15日のオリックス戦で日本球界復帰後初先発の予定も立った。
    ところが再び、右肩の不調を訴えて白紙。以降は関東地方の病院を中心にリハビリを続けたが、実戦登板はなかった。

    治療にめどがついた9月26日に福岡県筑後市のファーム施設に戻り「もう一度、何とかしたいと思っている」と語るなど、現役続行の意思は固いとみられる。
    10月には本格的な投球練習も再開できるまでに回復。
    力を入れた状態でも違和感はなくなっており、10月30日には捕手を座らせ39球を投じた。
    「投げられることは分かった。ここで一区切り。1回入ればいいところを3、4回ブルペンに入れた」と手応えを口にしていた。

    すでにファーム施設のロッカーは整理されており、今後は国内球団を中心に移籍先を探すとみられる。
    このオフに巨人を自由契約となった村田ら、今年は松坂世代で戦力外や現役引退を表明する選手が増えている。

    来季は38歳になる平成の怪物。復活への道のりは険しいが、それでも前を向く日米通算164勝右腕の今後の動向が注目される。

    ◆松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年(昭55)9月13日、東京都生まれの37歳。
    横浜高では98年の甲子園で春夏連覇。夏は京都成章との決勝戦でノーヒットノーランを達成した。
    同年ドラフト1位で西武入団。99年に16勝で最多勝、新人王などに輝いた。
    主なタイトルは最多勝3度、最優秀防御率2度、最多奪三振4度、沢村賞。
    07年にレッドソックスに移籍し、同年のワールドシリーズで日本選手初の勝利投手になり世界一。
    インディアンス、メッツを経て15年にソフトバンク入団。五輪、WBCとも2度出場。1メートル83、93キロ、右投げ右打ち。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000044-spnannex-base
    11/4(土) 6:03配信

    【【速報】松坂大輔、戦力外でソフトバンクを退団 年俸3年12億円契約で登板は1度だけ】の続きを読む

    1: 2017/11/03(金) 17:38:11.99 _USER9
    日本代表の11月シリーズ、ブラジル戦(現地時間10日)とベルギー戦(同14日)に臨む日本代表が発表され、バヒド・ハリルホジッチ監督はMF香川真司(ドルトムント)、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の三人を招集外にする決断を下した。この経緯については各国メディアで報じられているが、特に注目しているのはスポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」で、三人を選外にするに至った経緯をコラムで紹介している。

     ハリルホジッチ監督が一貫して選手に要求していた点について、攻守両面のハードワークだけでなく所属クラブでの定期的なプレー機会に求めていたとし、主にACミランで出場機会に恵まれていなかった本田へのメッセージと思われていた。しかしパチューカ移籍後、ゴールという結果を残しているいるものの10月シリーズに続いて未招集にしたことを明記している。

     香川についてはドルトムントで所属機会を得ているものの、代表内で激化している競争について記事では次のように言及している。

    「この1~2年で香川の立場は、原口元気と乾貴士らのような選手の圧力から、優先性が低くなっている。ドルトムントでの復調は彼の“壊れやすい自信“を救うだろうが、香川はもはや自動的なスターというわけではない」

    「3人はW杯に行けないのか?」と発信

     記事内では今回の会見で、ハリルホジッチ監督が三人の代表チームでのパフォーマンスに納得していないと語ったことも紹介。その一方、チャンスクリエイトしている香川と同様に、岡崎と本田ともにゴールを積み重ねている現状についても触れている。

     記事を紹介する同局のツイッターでは「3人のビッグプレイヤーはW杯に行けないのか、否か?」との文言で発信。本田、香川、岡崎というここ10年間の日本サッカーの顔的存在だった面々が立たされている苦境に、世界からの注目が集まっている。

    11/3(金) 17:10配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171103-00010011-soccermzw-socc

    【香川真司、本田圭佑、岡崎慎司が日本代表の招集から外される→海外の反応がこちら】の続きを読む

    1: 2017/11/03(金) 16:42:02.16 _USER9
    ヒューストン・アストロズが1日(日本時間2日)、敵地で行われたワールドシリーズ第7戦でロサンゼルス・ドジャースを5-1で破り、球団史上初の世界一に輝いた。
    ドジャースのダルビッシュ有投手はワールドシリーズで2試合続けて炎上し、チームを世界一に導くことはできなかった。
    ポストシーズン2勝0敗と好調だったダルビッシュがなぜ突然ワールドシリーズで崩れたのか。
    その一つの要因として取り上げられているのが、ワールドシリーズ公式球の「すべるボール」だ。

    ■ワールドシリーズ公式球、スライダーは厳しい?

    10月29日に『スポーツ・イラストレイテッド』は「歴史的な本塁打率のワールドシリーズはすべるボールのせいかもしれない」と題した記事を掲載。
    両軍の選手がワールドシリーズのボールがレギュラーシーズンのボールよりもすべり、良いスライダーを投げるのは難しいと文句を言っていると報じている。

    また、同記事ではドジャースのハニーカット投手コーチが第3戦に投げたダルビッシュについて「有は違いに気づいていた。
    彼は私にボールがとてもすべること、そしてすべりすぎるためにスライダーを投げるのが難しくなっていることを言ってきた。
    前と同じようにスライダーを投げられなかったんだ」とコメントしたと紹介している。

    スライダーはダルビッシュの武器だ。第3戦ではダルビッシュは14個のスライダーを投げて、ひとつも空振りが奪えなかったという。
    これは今季先発した34試合で初の出来事で、ドジャース移籍後の被打率が.109のスライダーを使えなかったのが痛かったと分析されている。

    一方でダルビッシュも自身のツイッターでボールの違いについて、「投げ方やリリースの微調整で対処は可能です」としながらも、
    「昨日ブルペンでワールドシリーズのボールを使って投げましたがやはりスライダーは難しいですね。
    カーブはなんとかなりますが。ここにきてガラッと変わっちゃうとか本当にあり得ないです」と不満を語っていた。

    ■9月初旬以来の2試合連続炎上、ボールが何らかの影響

    そして迎えた第7戦。ダルビッシュは先頭のスプリンガーにいきなり甘いスライダーをとらえられ長打を打たれると、不運もあり失点。
    さらに2回にはスプリンガーから今度は抜けたスライダーで空振りを取るも、続くど真ん中に入った速球を叩かれ痛恨の2ランを被弾。
    この日5失点として、またしても2回途中でノックアウトとなった。

    今季は好不調の波が激しいシーズンとなったが、2試合続けての炎上はチームが絶不調だった9月初旬以来2度目と異例だ。
    しかし、それでも両試合で3回以上は投球している。もちろんすべての選手が同じ条件で野球をやっているので、2試合続けての炎上をすべてボールのせいにはできないが、少なくともボールが何らかの影響を及ぼしていたことは容易に想像できる。

    世界一になることができる大きなチャンスを逃してしまったダルビッシュ。
    来季の去就は未定ではあるが、自身のツイッターで「ワールドシリーズでやり返しますと語ったようにまたこの舞台で投げる日を心待ちにしたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171103-00010003-baseballc-base
    11/3(金) 12:06配信

    32: 2017/11/03(金) 16:54:49.26
    >>1
    ダルの時だけボールが別だったわけではないのだから言い訳はみっともないからやめようねw

    【WSでダルビッシュ有の成績が最悪だった理由、ボールにあった】の続きを読む

    1: 2017/11/02(木) 11:03:05.80 _USER9
    11/2(木) 10:11配信
    サンケイスポーツ

     (米大リーグ、ワールドシリーズ第7戦、1日、ロサンゼルス)両チーム3勝3敗で並び、この一戦で今季覇者が決まる。29年ぶり7度目の制覇を目指すドジャース(ナ・リーグ)が、本拠地ドジャースタジアムで初制覇を狙うアストロズ(ア・リーグ)と対戦した。ドジャースはダルビッシュ有投手(31)が第3戦に続き2度目の先発登板。二回途中5失点で降板した。前田健太投手(29)は救援で待機する。アストロズの先発は第3戦でダルビッシュに投げ勝ったマクラーズ。

     アストロズは一回、スプリンガーが左翼線二塁打で出塁。ブレグマンの一ゴロをドジャースの一塁手ベリンジャーが悪送球する間に、二走が生還して1点を先制した。無死二塁でブレグマンが三盗に成功。アルテューベの一ゴロの間に1点を追加し、2-0とした。コレアは一ゴロ、第3戦でダルビッシュに差別行為したグリエルは打席に入る際、ヘルメットを取り謝罪の意を表わし、その後は右飛に倒れた。

     ドジャースはその裏、二死満塁のチャンスを作ったが、ピダーソンは二ゴロに倒れた。

     アストロズは二回、マキャンが四球で出塁すると、ゴンザレスの右越え二塁打で無死二、三塁。レディックは二ゴロに倒れたが、マクラーズの二ゴロの間に三走が生還し3-0。二死三塁からスプリンガーが左中間に2ランをたたき込み、5-0とした。ダルビッシュはここで降板し、2番手・モローが登板した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000533-sanspo-base

    【ダルビッシュ、WS第7戦の2回途中5失点降板で歴史に残る記録を達成していたことが判明】の続きを読む
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    人気記事