1
レバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の弁護人、弘中惇一郎弁護士に対し「故意か重過失により出国させた」として東京弁護士会に懲戒請求が出されていたことが16日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、懲戒請求書では弘中氏について「保釈中のゴーン被告を故意か重過失により出国させてしまったことは、保釈条件違反であり、その管理監督義務を懈怠(けたい)する行為」と指摘。保釈は弘中氏らが逃亡させないことなどを条件に裁判所が許可したものであるとし、「結果的に逃亡を許してしまい、国民の司法に対する信用失墜および刑事司法の根幹を揺るがしかねない事態を招いたことは重大な非行に該当する」としている。


 逃亡発覚後の弘中氏の対応について「話すことはないという態度も無責任極まりなく当事者意識の欠如と言える」と非難。弘中氏らが逃亡に関与した疑いもあるとして同弁護士会に調査を求めた。弘中氏は逃亡が発覚した当初、「保釈条件に違反する許されない行為だが、気持ちが理解できないかと言えばそれは別問題だ」などと話していた。
kangaeruhito

https://www.sankei.com/smp/affairs/news/200116/afr2001160033-s1.html

おすすめ記事
7
いくらもらったんだろうな

16
弁護士に保釈中に逃げないように責任を持つ義務なんてないだろ。

41
これ、うやむやにされてるけど、もっと大きくとりあげるべきだよな

なんで?
困る人いるの?

82
実刑が無い限りは弘中の勝利である

116
で、誰が責任をとるの?

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579181634/