1
レバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というものである。

ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥール(L’Obs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という本を2月5日に発売する。その本に、ゴーンが6歳のとき、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

ただの脅しのつもりが……

アルノー記者の本を事前に入手したクウェートのアル・カバス紙によると、事件が起きたのは1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された死体が発見された。

被害者は、ボリス・ムスアド神父。3日後に5人組の犯人グループが逮捕された。その一人が、当時37歳だったジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

ジョージは事件の20年前にナイジェリアの首都ラゴスでボリス神父と出会っていた。ボリスはレバノンの山岳地帯で羊飼いから神父になった人物。その神父にジョージは密輸を依頼するようになる。儲けたカネを分け合う関係だったが、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。
kangaeruhito

https://forbesjapan.com/articles/detail/31734/1/1/1

おすすめ記事
6
単に犯罪者が日産の社長やってただけ。

9
親が元犯罪者なのは別によくね?

19
>>9
別にいいんじゃないかな
子自身まで親と似たような犯罪犯したのでなければ大して話題にならないよ

848
>>19
それだわな

20
こういう人じゃないとリストラという汚れ仕事はできなかったんだな

22
日本に相応しいじゃん

24
勉強は抜群だったのか

29
逃げるようなやつはこんなもんやで

33
傭兵雇える社長かあ
スゲぇな
特命係長も太刀打ちできんわ

72
やっぱりなw

79
そんな息子が何故日産であそこまで登れたのか

88
>>79
日産で登れたわけではない
そもそも中学の頃からエリートで
高校は日本でいうトップクラスの高専
世界の大学ランキング上位からのミシュラン入り
そこで実績あげてルノーでも実績
ここまでで一つも失敗なかったので
日産の再建任された

123
>>88
エリートの頭とワルの度胸、ずる賢さ、語学力を兼ね備えたすごい奴
キャラたちすぎ
ジョジョのディオみたい
なんか実在の人物とは思えないわ

84
親のことなんかどうでもいいよ
まもなくゴーンが極悪人になるだけの話

95
ただの金持ちというだけじゃ逃走できないわな
裏社会とのつながりで逃走できたんだな

186
コレこそ映画化だな
血は争えんな

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578821345/