1
 東京地検はカルロス・ゴーン被告の弁護士の事務所に立ち入りました。ゴーン被告が使用していたパソコンを令状に基づいて差し押さえるためでしたが、弁護士側が拒否したとみられます。

 東京地検の係官らは8日午前10時半ごろ、ゴーン被告の弁護人である弘中惇一郎弁護士の事務所に立ち入りました。
ゴーン被告を巡っては、保釈の条件で弘中弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていました。
東京地検はこのパソコンを任意で提出するよう求めていましたが、弁護団が拒んだということです。
東京地検は裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえるために立ち入りましたが、弁護士側が拒否したとみられます。
弁護団によりますと、ゴーン被告はほぼ毎日、弁護士の事務所でパソコンを使っていました。
東京地検は不法な出国に加担した人物と連絡していたかなどについて調べているとみられます。
kangaeruhito

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200108-00000026-ann-soci

おすすめ記事
11
えええええええええええええええ


なんで拒めるの?wwww

38
>>11
任意らしい

212
>>11
>弁護士には、業務上所持するもので、他人の秘密に関するものについては
>押収を拒否することができると刑事訴訟法で規定されている。

だってさ。

20
危ない情報ぎっしりだもんな
あわててこんな反応するようじゃ黒と思われても…

21
差し押さえ令状を拒否できるなんて知らなかった
皆さん、今後は裁判所からの差し押さえは拒否しましょう
今回の事例を挙げればよろしい

198
>>21
弁護士先生のみな

86
実際大した情報は残って無いけど、時間稼ぎだろ
大事なもん入ってたら普通ドリルするわ

157
協力も出来るが拒否も出来る

当然拒否w

163
この世の中、法律に詳しいやつが一番厄介

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578458496/