1
 小学校の中で教師が教え子の女子児童に対して性的暴行を加えるという、にわかには信じられない事件の裁判が進行している。強制性交罪や児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴されているのは、千葉市立小の元教員・X被告(36)だ。

 被害者となったのは当時6~12歳の女の子7人。法廷ではX被告の大胆かつ卑劣な犯行が次々と明らかになった。10月末、検察側は「鬼畜の所業と言うしかない」と糾弾し、懲役15年を求刑した。司法は「鬼畜わいせつ教師」にどんな判決を下すのか――。

(※この裁判では被告人名から被害者が特定される可能性があるため、被害者を保護する観点から「被告人名秘匿」の措置が取られ、現場となった小学校の名前も伏せられています。本稿でも被害児童たちの特定を避けるため、被告も匿名とすることにしました。被害者のアルファベットは起訴順。本稿ではA~Dさんの4人が登場しますが、実際の被害者は7人に上ります)

目隠しと腕をしばっておいて……
 事件が発覚したのは2018年7月17日。夏休み直前だった。小学3年生の女子児童Aさんが、小学校から帰宅後、母親に被害を打ち明けた。

 母親の相談を受けた県警は捜査に乗りだし、8月1日、X被告を強制性交の疑いで逮捕した。県警はX被告の自宅の家宅捜索で、外付けハードディスクやデジタルカメラなどを押収。データを解析すると、犯行を録画したものが見つかった。映像に映る被害者はAさんだけではなかった。他にも被害者がいることが判明し、解析の結果、Aさん以外の6人が特定された。


約5年半も明るみに出なかった卑劣な犯行
 X被告は児童らが口外しないことをいいことに、2013年1月から逮捕される18年7月までの約5年半の間、7人の被害者にわいせつな行為を繰り返していたが、Aさんが母親に訴えるまで犯行が明るみに出ることはなかった。

 X被告は起訴され、初公判は昨年10月11日、千葉地裁で開かれた。7人の被害者ごとに追起訴が行われ、すべての起訴を終えるまでに1年近くがかかった。

「体だけは大人になりやがって」と触られた
 中でも犯行の状況が明らかになったのは、Dさんに対する犯行だ。Dさんは担任だったX被告から、5回の被害を受けた。初めて被害を受けた際、Dさんは忘れ物をしたことから、X被告に教室に残るように言われ、「服をまくって」と体操服を胸の下あたりまでまくらされ、下着が見える状態にされたという。
aprilfool_woman


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00016295-bunshun-soci

おすすめ記事
104
>>1
一人あたり、たった2年か

266
>>1
>「体だけは大人になりやがって」

そういうことなら大人の女性を相手にすればよかったのでは?
金で解決できるだろ?

269
>>266
子供相手に言うから効力あるんだよ 自己満足も含め ケッヘヘヘが欠けてるが

5
まぁ氷山の一角だろうね

6
こんな鬼畜が15年でまた世に出てくるのか

8
強制性交もしたんかい

21
これは死刑でいいだろ

56
自分の小学生の頃の先生が実際に同級生の女の子襲ってるの想像したら悍ましすぎて恐ろしすぎた。

61
これは懲役より切断の刑でいいんじゃないの
某弁護士みたいに座布団と座薬で一生生きてけばええわ

68
15年後に再犯だろ
50代ならやるだろうな

75
死刑でも被害者の記憶は消せないから死刑で

83
おいおい確かに卑劣な犯罪だが
幼い子の虐待死とかが一桁なのに
量刑のバランスおかしいだろ
それなら虐待死とか30年とかにしろよ

113
笑えるくらい軽いw

一人五年で35年くらいが最低ラインだろ( `Д´)/

127
こんなこと自分の子供がやられたら許すのかなこの男
なんと言うかホントに整合性がない人間増えてる気がする
こんなことされた女の子は人生キツいよ

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575123177/